家を買おうと決断してから、住宅ローンはどうしようかと焦らないために3年前から準備をしましょう。
実は私、以前、県内の金融機関に勤めておりました。
審査でチェックする項目は主に、
【年収】【勤続年数】【年齢】【信用情報】【健康状態】です。


【年収】
多ければ多い方がいいですが、こればかりはどうにもなりません。

【勤続年数】
2、3年以内の転職は審査に不利に働く場合があるので、計画的に行動しましょう。(でもブラックなら直ぐに転職を。キャリアアップのためであれば審査に影響は少ないと思います。)

【年齢】
これもどうにもなりませんが、自己資金を多めにするなどして借入期間を短くすれば何とかなる場合も。

【信用情報】
過去に借入や携帯電話の支払いが滞った方は、審査を通過できない場合があります。うっかり支払い忘れなどがないよう、日頃から注意が必要です。

【健康状態】
住宅ローンで借入する際、団体信用生命保険の加入が義務というものが多いため、日頃から健康には気をつけてください。これを機に那覇マラソンにチャレンジとかもいいかもしれません。

(私の場合、家を買うと決めてから3年間は人間ドックを控えました。良い子は真似しないでください。)

加えて、私は前もって金融機関にアピールするため、給与振込や定期、引落(クレジットカードや電気光熱費、携帯電話の引落など)を一つの口座にまとめておきました。
できるだけ自己資金も準備しておいてください。
(以前は総額の20%と言われていましたが、現在はそこまでなくても大丈夫だそうです。