先日の新聞に載っていましたが、沖縄県内の交配用ミツバチの飼育が全国最多になったそうです。

農林水産省のデータで、蜂群数は約1万4700群。飼育は年々盛んになっているようです。養蜂家も10年前と比べると2.8倍の196人だそうです。

温暖な沖縄は冬場でも繁殖ができるのが特徴で、イチゴ、マンゴー農家などからの引き合いが高くなっています。

まだまだ需要に追いついていない状況で、今後も増群できるよう取り組んでいきます。